メニエール病 症状 ふらつき

メニエール病によるふらつきなどの症状を改善する方法について

スポンサーリンク

メニエール病は、内耳とよばれる耳の内部の部分の病気です。
 症状については、まず激しいめまいを繰り返します。
めまいに難聴や耳鳴りなどを伴う様になった場合、この病気にかかっていることを疑います。
繰り返すめまいのために頻繁にふらつきを見せるようになります。
ですので、高所などを歩くときに危険を伴う可能性があるため注意しなければなりません。
 基本的にメニエール病の症状は片耳だけに起きるのが普通です。
しかし、まれにではありますが両耳に症状が出ることもあります。
 メニエール病の症状には、兆候がほとんどありません。
突然メニエール病によるめまいやふらつきが起こりだします。
しばらくすると消えますが、めまいを引き起こす間隔は個人差があり2日から3日に1度めまいによるふらつきがみられるときもあれば、収まってから2週間くらい経ってから症状がみられるようになるなど間隔の差が幅広いことが特徴です。
 めまいは、大体30分くらいすると消えますが繰り返していくうちに悪化することも多いです。

スポンサーリンク

 メニエール病による激しいめまいやふらつきなどの症状が悪化してしまった場合、めまいだけではなく吐き気や冷や汗、動機などといった症状が起きることもあります。
吐き気や冷や汗などが起きるときのほうが苦しいと感じることもあります。
 メニエール病を引き起こす原因については、多くの場合医学的にはっきりとまだ明らかになっていません。
ただ、コルチゾールと呼ばれるホルモンの分泌が関係しているともいわれています。
コルチゾールは別名でストレスホルモンと呼ばれており、慢性的なストレスを抱えている人が多く分泌します。
コルチゾールが多くなると、めまいによるふらつきも多くなる傾向があります。
 こうしたふらつきなどの症状を無くすには、安静にしてリラックスしながら生活をするようにすると改善する可能性はあります。
治療法としては、薬などを使ってめまいを軽くすることはできます。
 一旦メニエール病にかかると回復するのに長期間かかる傾向があります。
ですので、難病に指定されているということを留意します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加