メニエール病 めまいなし

メニエール病とめまいなし

スポンサーリンク

 視界がぐるぐると回るというような症状が現れることがあります。
このようなめまいが発生したときにはいくつかの病気が考えられていますが、その中の一つにメニエール病という病気があります。
最近よく耳にする言葉となってきましたが、メニエール病と聞くと、ひどいめまいに襲われるというようなことが多くなっています。
天井がぐるぐると回る病気というように考えている人も少なくありませんが、実際の所めまいなしというようなこともあるのです。
メニエール病でめまいなしという場合には、蝸牛型と呼ばれるようになっています。
蝸牛型とはどのような特徴があるのかというと、耳が詰まったような感じになったり、耳鳴りがしたり音が響くような感じがします。
このほかに低い音を聞き取りにくくなったり、難聴というような症状が現れるようになっています。
なぜこのような症状が現れるようになっているのかというと、それは内耳にたまったリンパ水腫が原因として考えられています。

スポンサーリンク

 

メニエール病でめまいなしということがありますが、めまいなしの症状に関しては、若い女性に発症することが多くなっています。
メニエール病でめまいなしの際には、若い女性がストレスや睡眠不足、このほかには気圧の変化と言うことが原因となっていることが多いです。
このほかには几帳面な性格が関係していると言うこともあります。
蝸牛型のめまいを引き起こさないためには、このような点に注意をしなければいけません。
とくに大きな自覚症状がなく、病院を受診すると言うことが少なくなっているので、メニエール病のめまいなしの患者さんの約20パーセントが通常のメニエール病へと移行するようになっています。
このような症状が現れたときには、病院を受診するようになっていますが、治療法としては薬物療法が中心となっています。
めまい止めや利尿剤、このほかには抗不安剤や循環改善薬が処方されるようになっています。
日常生活の中で睡眠をしっかりと取り、ストレスをためないようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加