メニエール病 飛行機

メニエール病と飛行機への搭乗について等

スポンサーリンク

メニエール病とは耳に関わる疾患の一種で、耳の奥にある内耳という部分に異常が発生する事で発症します。
基本的には左右どちらかの耳にだけ発症しますが、たまに両耳で同時に発症するというケースもあります。
 この疾患が発生する原因は内耳の中にある内リンパ液という液体が多くなり、内リンパ水腫が発生するためとされています。
ただ現段階では内リンパ液が多くなる直接の原因が分かっておらず、今でも研究が続けられています。
 メニエール病を発症した場合に現れる症状としてはめまいが有名で、周りがグルグルと回るような回転性のめまいが起こります。
それ以外にもめまいの直前等に耳鳴りや耳の閉塞感、難聴等の症状が現れる事も少なくないです。
 これらの症状は30分から数時間程度続くとされていて、何度も繰り返し発生するのが特徴となっています。
どの程度の間隔で繰り返すかは人それぞれで、具体的には数日おきや数週間おき等で発生するとされています。

スポンサーリンク

 

 メニエール病の疑いで病院を受診した場合には、聴力検査を行う事で診断出来るケースが多いです。
この疾患の場合には低い音が聞こえにくい、音が響いて聞こえる等の特徴がある難聴が確認出来るので診断がしやすいと言われています。
それ以外にも平衡機能検査を行うと、内耳部分に障害を認める事が出来るのが特徴となっています。
 メニエール病の治療については薬物療法が主となっていて、抗めまい薬や内リンパ水腫を軽くする薬等が処方されます。
ただしメニエール病は難病に指定されている疾患なので、完全に治すのが難しいケースも珍しくないです。
 ちなみにメニエール病を患っている場合に、飛行機に搭乗しても良いのかを迷う人が少なからずいます。
飛行機に搭乗している最中は気圧の変化に晒されるので、それによって耳の状態が悪くなる心配があるのです。
確かに飛行機に搭乗した際の気圧の変化で耳に影響が及ぶ事もありますし、飛行機に搭乗する事自体がストレスとなって悪影響を及ぼす事もあります。
しかし飛行機に搭乗しても平気という患者もいるため、飛行機の搭乗については医師に相談するのが一番だと言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加