メニエール病 完治 期間

メニエール病の完治までの期間とは

スポンサーリンク

 目の前がぐるぐると回るような激しい回転性のめまいと、難聴や耳鳴りや耳閉感などの症状が起きたり頭痛や吐き気が、繰り返されるのが主な症状の病気がメニエール病です。
風邪や体の疲労などでも似た症状が出る場合があり、発作が収まると体の不調を感じなくなるので適切な医療機関にかからないという人もいて、メニエール病の発症に気づかない場合も多いです。
メニエール病は男性よりも女性の発症率が高いとされていて、発症する年齢も30代から40歳代の前半頃に発症する人が多いのが特徴的です。
めまいや強い吐き気などが症状として現れる為、仕事や家事などの日常生活に支障をきたす場合が多く早期に完治に向けて対策を取りたい病気です。
仕事を休むことが出来ないという人は特に完治までに期間が、どのくらいかかるのかが気になる所ではありますがまずは、しっかりとメニエール病の原因を理解した上で対策を講じることが完治の為には必要なこととなります。

スポンサーリンク

 

メニエール病の直接的な原因は、内耳のリンパが増えることで水ぶくれのような状態になる、内リンパ水腫がメニエール病を引き起こしています。
この内リンパ水腫が何故起こるのかについては、未だ分かっていない部分も多いのですがストレスやホルモンバランスの崩れ、過度な疲労やアレルギーや睡眠不足などが関係しているといわれています。
主な治療法としては症状の緩和に、薬物療法や漢方薬を使用する場合もあります。
また発作に効果がある栄養素を食生活に、取り入れる栄養療法や症状がひどい場合などには手術も検討されます。
完治にかかる期間についてですが、急性期に治療を開始すればかなりの高確率で完治することが出来ます。
症状が繰り返す慢性的なメニエール病となると、完治はなかなか難しいものとなり治療に要する期間も長くなります。
めまいや体の異変を少しでも察知したらすぐに、専門医療機関での診察を受けることが重要です。
早期に治療を開始した場合、平均で約11日程の入院期間が必要です。
その後に通院しながら治療を継続して、観察期間を取り1年程の治療で完治も見込めます。
完治までの期間は症状にもより個人差があるので、まずは適切な治療を開始することが重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加