内耳の血流量を増やすことで突発性難聴を予防しよう!

スポンサーリンク

突発性難聴の治療方法の一つとして、全身の血流をよくすることがいいといわれています。
混合ガス療法や高気圧酸素療法の機器を使った方法という手もあるようですが、なんといっても処方してくれる医療機関が限られていますし、多額のお金もかかります。
そこで、毎日の生活の中で血流をよくする方法を考えてみました。
まずは、これらを積極的に行っていこうと思います。
まずは、当然のことながら、体を動かすことです。
運動すれば全身の血液循環量がふえますので、、脳や内耳に送り込まれる血液の量が増えます。
公園や近所を散歩してみたり、軽めのジョギングなどを始めて見ましょう。
適度な運動で充分です。
これはあまり知らない人が多いですが、意外と効果的のようです。
そういえば、散歩してみたら、結構同じことをしている方を見かけるようになりましたが、みなさんお元気そうですよね。

スポンサーリンク

耳が悪いのだから、耳だけを治療しようと考えるのではなく、体全体で体質を改善していくことも大事なんだとおもいます。
血流量を増やすということですが、冷え症も突発性難聴にはよくないようです。
冷え性は女性だけの問題ではなく、最近では男性も冷え症が多いようです。
適度に体を動かすことによって、冷え症も改善していきましょう。
次は、ぬるめの湯に.ゆっくりと入浴することです。
ぬるめの湯に長く入っていると、血管が拡張して血流が改善されます。
血流が改善されると十分な量の血液が内耳に届き、内耳の血流量を増やすことによって、突発性難聴の改善が見込めるかもしれません。とりあえず、手軽にできそうなので、試してみようと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加